スローフード小杉

0120-51-6120
17:00~24:00(L.O. 23:30)

【必見】気がつけば食べている、、遺伝子組換え作物!その2

GM食品その2FB用画像

【必見】気がつけば食べている、、遺伝子組換え作物!その2 ぜひ読んでください。
20年後日本の食は、大変なことになると感じます。

TPPが妥結され、これから私たちの食卓は、
どんどん変化していくと思われます。

そこで今回、その中でも食に影響を与えそうな
遺伝子組換え食品(GM食品)について、改めていろいろと調べました。

日本モンサントにも、電話取材したりなど。。。

今回は、その1からの続きです。
ぜひ、ご覧ください。

GM食品の表示には、その1で紹介したような
抜け道が数多く存在し、
また、国のチェック体制もかなり甘いです。

ですので、よほど意識して避けないかぎり、
ほぼ毎日GM食品は私たちの食卓にあがり、
口にして、私たちの体内に入っているのです。

こういった話をすると、必ず、
「危険性は実証されていないから、大丈夫」
と声高に言う方が、必ずいます。

ですが、、危険性が実証されなければ、
確実に安全といえるのでしょうか?

・安全性が確立される→危険性は無い
これは分かります。
ですがこの逆の
・危険性が実証されていない→安全性は確立
これは成り立つものではありません。

GM作物、GM食品に関しては、その歴史はまだ浅く、
まだまだ未知の領域といっても過言ではありません。

遺伝子組換え作物の商業利用が始まったのが、1996年頃から。

有名なフランスで行われた実験では、ラットの寿命は2年ほどで、
ガンの発症が1.2歳ほど。
単純な話ではないのかもしれませんが、これを人間に当てはめると、
寿命を80歳だとしたら、発症が48歳頃。

つまり、遺伝子組換え食品の人体への影響が現れだすのは、
遅くとも、あと20年後くらいでは、、と私は思っております。
この頃になって、ガン者が激増!となったら、
ほぼ間違いなく遺伝子組換えのせいでしょう。

一方、欧州連合(EU)では、
すべての食品や飼料、さらに添加物までを対象に、
遺伝子組み換えの表示基準を0.9%と厳しくしています。

このため、日本で「遺伝子組み換えではありません」と表示された商品が、
EU諸国に輸出され「遺伝子組み換えです」の
シールを貼られて販売されていることがあります。

今、日本に求められているのは、ヨーロッパで一般的な
「疑わしいものは許可しない」という『予防原則』の考え方です。

遺伝子組換え。この技術が私たちの健康に
長期的にどのような影響を与えるのかは、科学的にわかっていません。

アスベスト被害のように、
数10年経ってから被害が明らかになったのでは遅すぎます。

特に、小さなお子様がいるご家庭は、気をつけてください。
食べ物は、子どもの発育へおおきな影響を与えます。
事実、GM食品には、新生児の発育不良の危険性もあります。

このままでは、気づいた頃には、
日本の食は破壊されてしまいます。

この国が、真に民主主義国家なのなら、
国民の声で変わってくれるはずなのですが、、、

私は、お店やfacebook等を通して、
これからも頑固に訴え続けます。

ありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スローフード小杉   小杉義裕

〒262-0033
千葉市花見川区幕張本郷6-16-20
TEL0120-51-6120
定休日⇒2015年から 定休日は日曜日なります。
URL: http://www.e-kosugi.com
sk@e-kosugi.com
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※定休日でも営業する場合がございますので、お問い合わせください。