スローフード小杉

0120-51-6120
17:00~24:00(L.O. 23:30)

その便秘、もしかして食品添加物のせいかも、、

IMG_8354

その便秘、もしかして食品添加物のせいかも、、

若い女性に特に多い便秘。
私は快便なので想像しにくいのですが、
3日もお通じが出ていないなんてことも。

ちなみに、当店の女性スタッフで便秘気味の方がいたのですが、
こちらで食事の面倒を見るようになると、
わずか10日間で便秘が解消されました。

今回は、そんな便秘と食品添加物の関係について、
簡単にご紹介したいと思います。

まず、便秘には機能性便秘と器質性便秘とがあります。

機能性便秘とは、大腸の働きが低下してしまったり、
大腸が緊張してしまうことです。

また、食事をすることにより腸が活発になり、
その結果排便につながることを
排便反射というのですが、
この排便反射が起こらない場合も、機能性便秘です。

一方、器質性便秘は大腸ガンや、腸管癒着など
消化管の不具合で便秘になることを言います。

機能性便秘は、三種類に分けられます。

一つは弛緩性便秘というもの。
これは腸の緊張が緩むことで腸の働きが鈍くなり、
便が長くとどまってしまうことを言います。

これは、女性や高齢者の方に特に多いです。

また、弛緩性便秘とは反対に、けいれん性便秘があります。

大腸が緊張しすぎてしまう事で起きる便秘で、
副交感神経の過度の興奮や精神的なストレス、
環境の変化など精神的な面が影響してきます。

そして三つ目が、直腸性便秘。

これは、便意を我慢する人に多く、
排便を促すサインに体が慣れてしまう事で、
便が溜まっても排泄が難しくなる症状の事です。

また、女性に便秘が多いのは、
ホルモンの関係が大きいそうです。
生理や生理前でホルモンバランスが崩れてしまうのが原因だったり、
男性を比べて腹筋が少なく、腸が動きにくい事で
便秘に繋がりやすいんだとか。

そして、食品添加物による便秘。
現代では、どんな食品にでも入っている食品添加物。
普段私の投稿をご覧の皆様はよくご存知かと思います。

ここで使われている保存料などにより、
腸内環境が悪化。
結果、機能性便秘の弛緩性便秘などになるという仕組みです。

ここに、悪影響がある保存料を一部ご紹介します。

・安息香酸(ナトリウム)
化学合成で作られた物質で水に溶けやすいため、
清涼飲料水や醤油などに含まれます。
マーガリンや缶詰などにも。

・しらこたん白抽出物
粘りを防ぐために用いられます。
粘りが出やすい練り物や調味料の中に入っています。

・ソルビン酸(カリウム)
水によく溶ける性質を持ちます。
練り物や乾き物、煮物、チーズなど、
様々な食品に用いられています。

・プロピオン酸(カルシウム・ナトリウム)
主に、チーズやパンに含まれています。

・ポリリジン
天然系の保存料で、そう聞くと
体に良さそうな気がしてしまいますが、
微生物や酵母、細菌などを殺してしまう働きが。
いろんな食品に幅広く使われています。

このように、これら全てを避けるのは至難の技です。
まずは、意識してなるべく自炊するところから始めましょう。
加工度の低い食品、食材なら比較的、
食品添加物は少ない傾向にあります。

また、腸内環境を整える食品もオススメ。
便秘で悩んでいる方は、ヨーグルトなども意識して摂るようにしましょう。

健康は食から。

普段の食生活で、自分の体を変えていきましょう。

ありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スローフード小杉   小杉義裕

〒262-0033
千葉市花見川区幕張本郷6-16-20
TEL0120-51-6120
定休日⇒2015年から 定休日は日曜日なります。
URL: http://www.e-kosugi.com
TEL090-2102-8203
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※11月22日は休まず営業いたします
※12月13日は休まず営業いたします
※12月20日は休まず営業いたします
※12月27日は休まず営業いたします
※定休日でも営業する場合がございますので、お問い合わせください。
年末年始(2015年12月31日~2016年1月4日)はお休みをいただいております。