スローフード小杉

0120-51-6120
17:00~24:00(L.O. 23:30)

今回は、ワンちゃんを取り上げます。

IMG_8681

 

今回は、ワンちゃんを取り上げます。

このfacebookでも、 犬を大切に飼っている方をたくさん見ます。

これは、私にとりまして問題です。

皆様 ご意見お聞かせ下さい。

お店で小さな子犬を連れている女性が、いました。

いつも顔をあわすと挨拶する程度です。

なんとお店の前の階段部分で そのワンちゃんが

おしっこをしております。 近寄ると飼い主はそそくさと

去って行きました。

おしっこ画像 添付しました。

わざわざ写真撮る 私・小杉義裕もなかなか人間小さいのですが・・・

どうも私は、犬を飼っている飼い主さんにトラウマがあります。

当時私は、千里ニュータウンに住んでました。  小学二年生でした。

8歳あたりです。  家の前の道路の先に自家用車が停まりました。

忘れもしないグレーの4ドアのセダン・・・大きな犬(私が子供でしたので、犬の品種まで わかりません。)

大型犬でした。  後部座席が空き、その犬が最初に降りて・・・その後どうするのか?  見てました。

なんと、なんとその後ドアは、パタンと締まり、その車は、さーっとその場を立ち去ったのです。

私は、すぐに家に戻り ドアに鍵をかけました。 8歳の子供にとって、大型犬は、怖いです。

それ以後2、3ヶ月は、必ず誰かとともに外に出たと思います。

かなり怖い経験でした。 『なぜ犬を捨てるのだろう?』と子供心に自分に問いました。

犬を大切に育てている方をしばらく信用できなくなりました。

・・・・・・・・・・・

そこで 話が、前に戻りますが、偶然今日 そのワンちゃんと飼い主にまた

お店の前で会いました。 そしてその飼い主に私は、「犬のおしっこ、お店の前は、やめてね。」と

申し上げると 「はい!は〜い!」  と飼い主の軽〜いお返事!!

そこで本当にワンちゃんも、よい飼い主にあたってほしいと感じました。

その飼い主さんは、いつもよく店先で会います。 挨拶もします。

素人の私から見ても、そのワンちゃんは、もっと散歩したそうなのです。

しかし飼い主は、70歳前後で高齢です。  強引に首輪を引っ張り

家に連れて帰ります。 それをみて 私は、ワンちゃん・・もっとお散歩したいのでは、

ないですか?聞いたことがあります。 返答は、「これ以上散歩は、しない」

なにかワンちゃんがかわいそうに見えました。

今回は、食とは、まったく関係ない文章で恐縮です。

ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スローフード小杉   小杉義裕

〒262-0033
千葉市花見川区幕張本郷6-16-20
TEL0120-51-6120
定休日⇒2015年から 定休日は日曜日なります。
URL: http://www.e-kosugi.com
TEL090-2102-8203
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※12月13日は休まず営業いたします
※12月20日は休まず営業いたします
※12月27日は休まず営業いたします
※定休日でも営業する場合がございますので、お問い合わせください。
年末年始(2015年12月31日~2016年1月4日)はお休みをいただいております。IMG_8680 IMG_8683 IMG_8685 IMG_8682