スローフード小杉

0120-51-6120
17:00~24:00(L.O. 23:30)

昨年12月に発売され、医学界で話題を呼んでいる『薬剤師は薬を飲まない』(廣済堂出版刊)のご紹介です。

薬飲まないFB用画像

昨年12月に発売され、医学界で話題を呼んでいる『薬剤師は薬を飲まない』(廣済堂出版刊)のご紹介です。

驚愕の内容です。  ぜひ読んでください。

週刊ポスさんの 記事抜粋しました。

昨年12月に発売され、医学界で話題を呼んでいる『薬剤師は薬を飲まない』(廣済堂出版刊)の著者で薬剤師、そして栄養学博士でもある宇多川久美子氏は次のようにいう。

「たとえば、火事が起きたら消防車を呼びますが、消防車は火事の家だけに放水します。しかし、薬は体の不調なところにだけピンポイントで作用するわけではありません。

飲み下された薬は胃で消化され、全身を駆け巡ります。言うなれば、住宅街をくまなく回り、火事でない家にも放水して屋根や壁を痛めつけているようなものです。

そうした薬の本当のメカニズムを知っているからこそ、私は薬を飲まないのです」

体調が悪いときに飲むものなのだから、体に悪いはずがない―薬についてそう思う人も多いだろう。しかし、宇多川氏は「薬は体にとって毒」だと断言する。

「薬は自然界には存在しない合成品です。薬には、石油から合成して作られたものが多くあります。つまり、元をたどればプラスチックと同じ成分から作られているのです。

そうした合成品は体にとって異物。効き目があるところにはよいですが、全く無関係のところに行き渡れば重い副作用を及ぼす毒になるのです」(宇多川氏)

※週刊ポスト2014年2月21日号より 抜粋しました。

医学界で話題を呼んでいる『薬剤師は薬を飲まない』(廣済堂出版刊この本をなぜ購入したかと言いますと

私のお店にもたくさんの薬剤師様がお食事にお見えになります。

そして『薬剤師は薬を飲まない』このことを言う方が本当に多いです。

先日も 製薬大手メーカーさんに勤務され 今は、定年退職して(薬剤師の資格を持ち)薬局で働いている男性の常連様がいます。

「お元気ですか?」と質問すれば、かれは、「薬飲んでないから元気だよ!!」・・・

また別の方・・・奥様で薬剤師として お子様 大学生と高校生をお持ちの主婦も方も、

「家族には、薬を飲ませない!」と言ってました。

薬剤師さんは、最初に薬は、毒であると教わるそうです。

この本のポイントを ご紹介しましょう。

生活習慣病は、薬では、治らない。

薬は、体内の酵素を奪う

薬を飲むと体温が下がり、免疫力が低下する。

新薬は、危険

「接種奨励が差し控え」になった子宮頸がん予防ワクチン

うつ病の薬の副作用は、「うつ」症状

薬は、必ず手放せる!

治すのは、自分自身

インフルエンザも自力で治せる

薬を飲むと回復が遅れる

ご参考になれば幸いです。

ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スローフード小杉   小杉義裕

〒262-0033
千葉市花見川区幕張本郷6-16-20
TEL0120-51-6120
定休日⇒2015年から 定休日は日曜日なります。
URL: http://www.e-kosugi.com
TEL090-2102-8203
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※12月20日は休まず営業いたします
※12月27日は休まず営業いたします
※定休日でも営業する場合がございますので、お問い合わせください。
年末年始(2015年12月31日~2016年1月4日)はお休みをいただいております。