スローフード小杉

0120-51-6120
17:00~24:00(L.O. 23:30)

日本酒の新酒の季節本番!当店自慢の粕汁です!!

粕汁FB用画像

日本酒の新酒の季節本番!当店自慢の粕汁です!!

この時期日本酒のしぼりたて 生酒が販売され 日本酒が美味しい季節です。

ともに 「酒粕」の旬の時期です。

栄養面でも超エリート!! 粕(カス)が つきますが、優れものです。

人気「酒粕」は、栄養価に優れ、旨味も豊富に詰まった“発酵食品”としてよく知られていますが、

わざわざ「酒粕」をつくるわけではありません。「酒粕」は、「日本酒」を仕込む際に生じる“副産物”です。

「日本酒」は、古くから“百薬の長”として知られています。その薬効成分のほとんどは、

日本酒の原料である「麹(こうじ)」と、“発酵過程”において生じるもの。

その「麹」と発酵過程に生じた産物の固まり、つまり薬効成分をギュッと凝縮したものが「酒粕」なのです。

蔵元さんにより 味は、違います。

アルコールの成分が強いものなどいろいろです。

さて 効能が、素晴らしい!!

期待される効能

■糖尿病予防への期待
■ガン抑制への期待
■ガン患者の激ヤセ防止への期待
■高血圧の抑制への期待
■肥満予防への期待
■健忘症予防への期待
■脳梗塞予防への期待
■骨粗しょう症予防への期待
■アレルギー体質改善への期待
■狭心症、心筋梗塞、動脈硬化予防への期待
■美白効果への期待

今回 ど〜んと酒粕の粕汁つくりました。

今回は、而今(じこん)木屋正酒造合資会社さまの酒粕を使用しました。三重県のお酒です。

これをまずは、出汁・・・秋田比内地鶏の出汁・・1 対  カツオ昆布だし・・3がベースになります。

あとお味の決め手は、素晴らしい野菜たち・・

これに塩麹をプラスして 酒粕を投入します。

そして ゴマもスリスリ投入します。

これが、本当に体が温まります。

私のベテラン従業員も 風邪をひいてましたが、なんとほとんど治りました。

彼女(60歳代・・年齢を記入して すみません。)に酒粕をプレゼントしました。

風邪をひいていたため マグカップ2杯の粕汁を飲んだそうです。

びっくりほとんど治っているのです。

彼女の場合、本当に常に食生活に気を配り、ちゃんと手作りをしている方ですので、本当に元気です。

まさに『スローフード小杉の母』と言えるでしょう。

やはり 『手作りお料理は素晴らしい!!!』と再認識しました。

当店自慢の粕汁 食べに来てください。

ありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スローフード小杉   小杉義裕

〒262-0033
千葉市花見川区幕張本郷6-16-20
TEL0120-51-6120
定休日⇒2015年から 定休日は日曜日なります。
URL: http://www.e-kosugi.com
TEL090-2102-8203
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※12月27日は休まず営業いたします
※定休日でも営業する場合がございますので、お問い合わせください。
年末年始(2015年12月31日~2016年1月4日)はお休みをいただいております。