スローフード小杉

0120-51-6120
17:00~24:00(L.O. 23:30)

本日・・「秋田のおいしい食材商談会」に行ってきました。

秋田イベントFB投稿記事

本日・・「秋田のおいしい食材商談会」に行ってきました。

秋田県では県内の農業法人や食品事業者等を対象に、農林水産物や加工品等を首都圏を中心とした県外の小売、
飲食業態の食品バイヤー様や、卸売等の流通関係業者様に広く紹介し、新たな販路の開拓を図ることを目的に、
「県産食材マッチング商談会」を開催しております。昨年度は7月に秋田市内で開催した商談会に続き、
本年1月14日(木)~15日(金)の2日間、東京都での商談会を開催してます。

秋田県主催の大型食品展示商談会としては、初の東京開催だそうです。

秋田県内で開催した商談会で好評だった秋田県のオリジナル麹
を使用した甘酒や調味料、ハタハタの加工品や比内地鶏などの
秋田を代表する地域食材、秋田が誇る95の食品事業者が
秋葉原に一挙大集合してます。

■ 開催日時  2016年1月14日(木)~1月15日(金) 両日ともに午前10時から~午後4時まで

■ 会 場   秋葉原UDX (東京都千代田区外神田4-14-1)

■ 主 催    秋田県

■ 出展規模  95事業者

詳細は、出展規模:95事業者(詳細は下記URLの秋田県産食材カタログ参照)
(http://www.pref.akita.lg.jp/www/contents/1445947579526/files/marugoto2.pdf)

本当に、勉強になりました。

いろいろ良い食材が、たくさんあります。

どの業者さんも知恵を絞り、新商品を提示したり

昔ながらの製法での消費んなど、こだわりを感じました。

今感じるのは、地方は、疲弊してます。

どんどん東京一極集中して、若い人は、職を求め

関東にやってきます。

当店も青森県からこの4月より 男女各一名づづ採用します。

簡単なお話・・・私は、4年前に秋田の取引している養鶏場に見学に行きました。

その時養鶏場のお手伝いしている女性の派との時給が、当時なんと!!680円でした。

今は、最低時給が上がり700円だと思います。

私の知り合いの農家さんも、同様でした。

平成27年度地域別最低賃金改定状況
秋  田     695     (679)

千  葉     817    (798)

東  京     907    (888)    平成27年10月1日

熊  本     694    (677)

()内は、平成26年度地域別最低賃金

本当に地方には、産業がないのです。

我々が、地方の農作物、地産物、魚介類などをどんどん購入し、食べねばなりません。

どうぞよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スローフード小杉   小杉義裕

〒262-0033
千葉市花見川区幕張本郷6-16-20
TEL0120-51-6120
定休日⇒日曜日
URL: http://www.e-kosugi.com
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※定休日でも営業する場合がございますので、お問い合わせください。
また3/20(日)も、臨時営業します。

今、政府も 国務大臣・石破茂氏(地方創生・特区担当)おいて 頑張ってますが、
いまいち成果が、でてません。

ある地方では、田舎で人間らしい暮らしをしたいと心ひそかに思っている、都会にお住いの皆様にたいして

我が町の物件に移住すると、最高250万円のリノベ資金を補助してくれるそうです。

いきなり補助金が出ても、なかなかうまくいかないでしょう。

私には、素晴らしアイデアがあります。

読んでください。

答えは、簡単 北欧の諸国のように、食品添加物と遺伝子組み換えを規制したら良いのです。

そうしたら おいしくない輸入食材などは、激変し、皆様国産のものを買うなるでしょう。

輸入小麦も規制すべきです。 薬品まみれで 本当に危険です。
『ポストハーベスト農薬問題』で検索してください。

地方は、再生し、国民は、健康になる、医療費減少!! 良いことづくめだと思いますが、いかがでしょうか?

画像の一緒に写っている男性は、『農事組合法人 きずな』さんの代表者様とのスナップです。

『農事組合法人 きずな』は、有機質を含んだ肥料を施すことや農薬を控えること、
食の安全、安心を念頭に環境にやさしい農業を目指しているエコファームです。

そこから お野菜を一部仕入れております。

本日商談会の後にお見えになる予定です。
秋田パンフFB秋田イベントFB投稿記事