スローフード小杉

0120-51-6120
17:00~24:00(L.O. 23:30)

中国産牛肉・豚肉を食べただけでドーピング違反!!!!

IMG_8848 IMG_8900

 

ショッキングなニュースありました。
 
中国産牛肉・豚肉を食べただけでドーピング違反!!!!
 
 
産経ニュースさんより
 
2016.5.14 01:00
 
 
中国産牛肉・豚肉を食べただけでドーピング違反になるなんて…「筋肉増強剤で汚染」と米NFLが注意喚起!!!
 
記事要約
 
米プロフットボール、NFLが今月、中国産とメキシコ産の食肉を食べないよう、選手らに注意を呼びかける通知を出した。
 
両国で生産されている食肉に、NFLが使用を禁止している筋肉増強剤「クレンブテロール」が含まれている恐れが確認されたためだ。
 
実はこの問題、少なくとも2010年の時点で、公になっていた。今回のNFLの措置は、未だに両国で対策が講じられていないことを物語っている。
 
クレンブテロールはもともと気管支喘息などを治療する薬品だ。同時に、筋肉を残したまま体脂肪を減らす効果があることも知られている。
 
中国の畜産業者はこの効果を悪用。中国では「痩肉精」と呼ぶクレンブテロールを豚や牛に与えて、赤身の多い食肉を生産している業者が少なくないという。
  
 クレンブテロールは大量摂取した場合、健康被害をもたらすとされる。頻脈、動悸、頭痛、めまい、神経過敏、嘔吐、低カリウム血症及び白血球増加症などの症状が報告されている。
 
加熱調理しても影響は残ることから、欧米諸国はもとより、中国、メキシコでも食用家畜にクレンブテロールを与えることは禁止されているのだが…。
 
 
NFLはNFL選手会との共同声明の中で、「中国とメキシコで生産された食肉の中には、運動能力向上効果があるとしてNFLが使用を禁止しているクレンブテロールに汚染されているものがある、
 
という証拠がある」と断定。その上で、「これらの国を訪れている間、大量の食肉を摂取した場合、ドーピング検査でクレンブテロールの陽性反応が出るかもしれない」と警告している。
 
 
中国メディアによると、当時、北京で流通している牛肉、豚肉、羊肉の52%から興奮剤が検出されたとの情報もあった。
 
以上 産経さんより
 
 
 
悲しい記事です。
 
食品効率を上げるためにも 薬品は、必要みたいです。
 
アメリカの牛肉もすごい薬剤を投入するみたいです。(また調べて報告します。)
 
私ども飲食に携わり、ある程度知識ある人間は、
 
下記のものは、絶対食べません。
 
①アメリカ産の牛肉  
 
②養殖の魚  
 
③ブロイラーの鶏
 
ご参考になれば幸いです。
 
ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【やきとり お刺身 有機野菜のこだわり居酒屋】
スローフード小杉   小杉義裕

〒262-0033
千葉市花見川区幕張本郷6-16-20
TEL0120-51-6120
定休日⇒2015年から 定休日は日曜日なります。
URL: http://www.e-kosugi.com
TEL090-2102-8203
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
※定休日でも営業する場合がございますので、お問い合わせください。
 
※獺祭の会6/15、熊本応援の会7/20、焼酎の会8/25、日本酒の会9/22、ワイン会10/19
 
イベント開催決定!詳しくはお問い合わせください。
 
牛肉、豚肉、本マグロの関連画像です。

IMG_7747 IMG_7088 IMG_8262 2