スローフード小杉

0120-51-6120
17:00~24:00(L.O. 23:30)

桜エビのあれこれ【やきとり お刺身 有機野菜のこだわり居酒屋の店長ブログ】

IMG_4829

桜エビのあれこれ
【やきとり お刺身 有機野菜のこだわり居酒屋の店長ブログ】

名前に”桜”とつくくらいなので、
やはり旬は4〜6月!そして意外にも10〜12月も旬です。

サクラエビ科に属するエビの一種です。
成体は体長40mm前後。体は透明ですが、甲に赤い色素を多くもっているため、
生体は透き通ったピンク色に見えます。「桜海老」の和名はこれに由来したもの。
その美しい姿は「海の宝石」と言われるほどです。

2対の触角のうち第2触角は体長以上の長さがあります。
5対の歩脚のうち、第2、第3歩脚が鋏脚に変化し、第4、第5歩脚が短くなっています。

寿命は15か月ほどで、孵化後1年で成熟し、産卵後2~3か月で死んでしまいます。

深海の中層を群れで遊泳していて、昼間は水深200~300mほどにいますが、
夜には20~50mぐらいまで浮上します。

シラエビは、外見・生態・利用法までサクラエビとよく似ていますが、
エビの分類上ではまったく別の系統に分けられます。

選ぶときは、目が黒々としていて、体の色が透き通った桜色で、
殻が乾いていないものを選びましょう。

以下、主な栄養成分です。

動脈硬化を予防

血中のコレステロール値を下げ、動脈硬化を予防する「タウリン」が豊富に含まれています。
また、桜エビの赤い色素である「アスタキサンチン」には、抗酸化力があるといわれており、動脈硬化や老化予防などに効果があります。

骨粗しょう症を予防

桜エビの殻や尾には、カルシウムがたっぷり含まれています。丸ごと食べるので効率よく摂れます。
また、骨を形成する要素の一つ、コラーゲンを生成する働きをもつ銅が多く含まれています。

血液をサラサラに

血液をサラサラにして流れをよくするEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)」が多く含まれています。脳血栓症の予防やコレステロール値の低下にも効果があるといわれています。

便秘を予防

殻には、動物性の食物繊維「キチン」が含まれています。キチンには、ビフィズス菌を増やして腸内環境をよくする働きや、便通を促す働きがあります。
そのほかにも、コレステロール値を下げる、血圧を下げる、免疫力を高めるなど、さまざまな健康効果があります。

以上、桜エビについてでした!
ありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【やきとり お刺身 有機野菜のこだわり居酒屋】
スローフード小杉   小杉義裕

〒262-0033
千葉市花見川区幕張本郷6-16-20
TEL0120-51-6120
定休日⇒2015年から 定休日は日曜日なります。
ホームページ: http://www.e-kosugi.com
TEL090-2102-8203
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※定休日でも営業する場合がございますので、お問い合わせください。
※獺祭の会6/15、熊本応援の会7/20、焼酎の会8/25、日本酒の会9/22、ワイン会10/19
イベント開催決定!詳しくはお問い合わせください。