スローフード小杉

0120-51-6120
17:00~24:00(L.O. 23:30)

お正月はお休み?営業?

黒、豆正月 (1)

三越伊勢丹、正月2日も休業 8店舗で「初売り」3日に

朝日新聞デジタルで、こんなニュースを見つけました。
まずは、簡単にご紹介。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
百貨店最大手の三越伊勢丹ホールディングスは、
伊勢丹新宿本店や銀座三越など首都圏の8店舗で、
来年1月2日を休業日にする。
従業員の負担軽減を狙い、
元日に続いて連休とする。
稼ぎ時の「初売り」を3日にずらすのは異例だ。

小売業界では休業日数の規制緩和が進んだ
1990年代半ばから休業日を減らす動きが強まり、
大半の百貨店がほぼ無休で営業している。
そごう・西武は全店で年中無休で、
高島屋と大丸松坂屋百貨店は原則として休みは元日だけだ。

三越伊勢丹も2004年までに休業日を元日だけにしていたが、
労働環境への配慮などを理由に、
11年に首都圏9店で休業日を復活させた。
近年は2月や8月にも休業日がある。

大西洋社長は「従業員がしっかり休んでこそ、良いサービスができる」と話す。
ただ、日本橋三越本店など、対象の8店以外は2日から営業する。
(朝日新聞デジタルより抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは、素晴らしいことだと思います。
理由は2つ

①私が、飲食店を経営して二十数年たちます。
その中で、多くの人を雇ってきました。
そこで感じた声、、、働いている人は、
大晦日、正月三が日はお休みしたい!
そのため、この3日間に営業しても、
正直気持ち良く営業できるか、、
労力やエネルギーの無駄だと感じます。

②正月は、食材が入らない!
農家さんや漁師さんは、お正月はお休みです。
そのため、食材が入ってこないのです。
買いだめにも限度がありますし、冷凍や悪い食材での営業は
私のポリシーに反しているので、反対です。

私の知人で、大手寿司チェーン店◯◯◯で働いている方のお話では
このお店では、一年間で最も売上がいいのが、
1月4日だそうです。おせちに飽きて、寿司を食べよう!
というお客さんが多いのでしょう。

ですが、、、1/3〜4は、もっとも食材の入らない時期。
使っている魚は、冷凍か養殖でしょう。
養殖の魚は、エサの危険性などが叫ばれていますので、
避けるのが賢明です。
また、いけすで魚を泳がせて、目の前で捌いて
新鮮さをアピールしているお店もありますが、
あれも、あまり良いものではありません。

いけすで魚を泳がせている間、エサを与えることは基本ありませんので、
魚はどんどん痩せていき、薬品臭くなっていくのです。

私の意見としましては、お正月三が日は、
どこもお休みにして、家族団欒などに当てるのが、
一番だと思います。
ただでさえ働きすぎだと言われている日本。
お正月など、「みんなお休み」な日を作れば、
心置きなく休めるのではないでしょうか?

私の記憶では、最初にお正月営業を始めたのは、
ダイエーだったと思います。
ここでダイエーは、かなりの売上を上げたとかで、
翌年より、いろいろなお店がお正月営業を始めたとか。

ちなみに、当店では大晦日から1月4日まで
お休みをいただいております。
理由は、従業員の負担軽減もそうですが、
まず、食材が入らないからです。

4日から仕事初めの農家さんや漁師さんは多いですが、
さすがにその日にたくさん入荷はできませんので、
翌日の5日より営業しております。

お正月は、まだ少し先の話かもしれませんが、
気づいたらあっという間になっていそうで、
月日が経つのは早いものだと感じます。

画像は、お正月の定番、黒豆です。

ありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スローフード小杉   小杉義裕
〒262-0033
千葉市花見川区幕張本郷6-16-20
TEL0120-51-6120
定休日⇒2015年から 定休日は日曜日なります。
URL: http://www.e-kosugi.com
sk@e-kosugi.com
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※定休日でも営業する場合がございますので、お問い合わせください。
9月20日(日)、10月11日(日)臨時営業します。