スローフード小杉

0120-51-6120
17:00~24:00(L.O. 23:30)

【必見!】「ジェネリック医薬品」の真実! その2

ジェネリックFB用画像2

【必見!】安かろう、悪かろうが恐ろしい
「ジェネリック医薬品」の真実! その2
〜週刊新潮8/27号より〜

その1では、主に週刊新潮さんより文をお借りして、
私なりの表現も含め、なるべく簡潔にまとめたものを
投稿いたしました。

その2では、当店にお見えになるお医者様や
薬剤師、製薬会社の方々から伺った、生の声をご紹介します。

先にも述べたように、当店には
よくお医者様や、薬剤師、製薬会社の方がお見えになります。

そこで、いろいろな意見を耳にします。

週刊新潮さんでも挙げていたように、ジェネリックにも
やはり良し悪し、良い悪いがあるそうです。

ただ、問題はその違い、良し悪しが、消費者である私たち患者側に見えてこない、
というもの。素人からしたら、違いなどわかりません。

ある、薬剤師の免許をもっているベテランの製薬会社の方が、
こんなことを仰っていました。

3〜4日ほどの病気の時に服用する薬は、ジェネリックでも良い。
だが、長期的な服用を必要とする薬(糖尿病など)の場合は、
ジェネリックは避け、先発薬にすべき、とのこと。

これには、思わず納得でした。

また、先発薬が高いのにもわけがあります。
というのも、先発薬には、多くの時間と多額の研究費などがかかっており
その分、値段も高くなっているというわけです。

これで、仮に皆がジェネリックに流れてしまったら、
日本の先発薬メーカーに研究費が十分に回らなくなり、
新薬の研究がどんどん遅れてしまう、といった指摘も耳にします。

また、facebookでお世話になっている、池田史郎先生にも、
ご意見を頂戴いたしました。

薬のほとんどは、体にとって毒。
なので、基本は使わないこと。

時に、抗生剤や検査薬などのみ使用する、とのことでした。

実際、薬剤師の方が最初に教わることが、
「薬は毒」ということだそうです。

たしかに、医療費、薬代の削減でジェネリックの必要性を
国が声高に訴えていますが、一番の削減は”使わない”こと。

「とりあえずお薬出しておきますね。」
このようなお医者様は多いかと思いますが、
池田先生のような、食事療法など、根本的な解決を促してくれる
素晴らしい先生が増えると、いいですね。

そして、私が力を入れているのは、、、

ずばり、予防医学です。

予防医学とは、簡単に言ってしまえば、病気を未然に防ぐということ。
食生活を初めとし、生活習慣を正し、良質なイメージを心に持ち、
病や心身の不調に抵抗できる身体を作ることが、大事なのです。

病気になったら治すという、治療医学に対して、
病気にならないように予防するのが『予防医学』です。

良質な食材や調味料などになるべく切り替え、
医療費を増やすのではなく、その分を食費に使う。
もちろん、全ての病気を予防できるわけではないので、
医療費がかからない、とは言えないでしょう。

ですが、美味しい食事をして、健康的な生活ができたら、
それが理想ではないでしょうか?

これにて、締めさせていただきます。

皆様のご意見など、頂戴できましたら光栄です。

ありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スローフード小杉   小杉義裕

〒262-0033
千葉市花見川区幕張本郷6-16-20
TEL0120-51-6120
定休日⇒2015年から 定休日は日曜日なります。
URL: http://www.e-kosugi.com
sk@e-kosugi.com
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※定休日でも営業する場合がございますので、お問い合わせください。
9月20日(日)、10月11日(日)臨時営業します。