スローフード小杉

0120-51-6120
17:00~24:00(L.O. 23:30)

さんまのアレコレ〜週刊現代15/10/10号より〜 その1

さんまの一生その1FB用画像

さんまのアレコレ〜週刊現代15/10/10号より〜
その1

秋の味覚でお馴染みのさんま。
誰もが知っている、いわば庶民の魚ですが、
実は、まだまだ謎の多い魚。

今回は、週刊現代さんより
「さんまの一生」という素晴らしい記事がありましたので、ご紹介いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・さんまはどこで生まれ、どこからくるのか

さんまの生態が解明されたのは、実は最近のこと。
「さんまの寿命は約2年。日本近海の太平洋側で孵化すると、
黒潮に乗って餌が豊富な北海道東方沖に北上します。
そこで栄養を蓄え、8月半ば頃から南下。」漁も最盛期となります。」
(漁業情報サービスセンター・渡邉一功氏)

一年中産卵し、群にも様々な大きさの個体が混在する為、
詳細な動きを追うのは難しい。
「近年、さんまの数は減少しています。地球温暖化などが原因と言いますが、
実は増減は昔から繰り返されており、一概には言えない。まだまだ謎の多い魚です。」

さんまは、エサを求めて回遊しながら、半年で約20cm、1年で30cm近くにまでなる。

また、さんまの回遊ルートは、卵から孵化すると豊かなエサを求め、
春から初夏にかけてロシア海域に北上。夏が終わり、水温が低下すると、
産卵のために再び日本周辺に南下する。

・日本の「秋の風物詩」が食べられなくなる!?

今、さんまの資源が重大な危機に瀕している。
台湾を中心とする、公海(どこの国にも属していない海)での
外国漁船の乱獲が主な原因だ。

「中小型漁船が多い日本に対し、台湾は冷凍設備も備えた大型船で漁業を行います。」
(前出・渡邉氏)

台湾は、獲ったさんまを主に中国に輸出し、大きな利益を上げている。

今夏、さんま資源を保護、管理するため、日本、カナダ、ロシア、中国などが参加し、
「北太平洋漁業委員会」を設立。日本主導で漁獲量の調整等が進められている。

台湾船は、ロシアの排他的経済水域で拘束されたりもしている。所謂、密漁船だ。
船内からは、大量の冷凍さんまが発見された。

・コラム1
なぜ水族館にはさんまがいないのか。
現在、さんまの飼育と繁殖に成功したのは、
世界でも福島の「環境水族館アクアマリンふくしま」のみ(現在は展示休止)。
「さんまは光や振動の刺激でパニック状態になるなど非常に神経質。
また、触れるだけでウロコが剥がれて死んでしまうため、飼育が難しいのです。」
(同水族館山内信弥氏)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
。。。。 その2へ続く

ありがとうございます。
スローフード小杉   幕張本郷 小杉義裕